忍者ブログ

ギターとゲームの完全二択な日々

ギターやゲーム(バーチャ5、他)などの趣味日記

[PR]

2017/08/17(Thu)02:23

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

パイ戦

2007/11/18(Sun)20:59

今日はがっつりパイと対戦した。

パイのK+Gをカウンターで食らったあと、何回も投げを食らってしまった。
投げを読んで暴れようとしても投げられてしまい

「カウンターだと+12F(投げ確)なのか!?」

と対戦の間ずーっと疑問だったけど、本によると+8F。
単に私の反応が遅かっただけのようで・・・


このパイK+Gをカウンターで食らいまくってしまった原因というと

起き蹴り潰し

こちらがうつ伏せダウンからの起き蹴りを出すと、下段蹴りはスカされ、中段蹴りは見事に潰されてしまう。
うつ伏せダウンになってしまうのは、主に横投げか女優投げを食らった後だったかな?
この投げを食らってしまった後は、相手の起き攻めに気をつけよう。
(起きるタイミングを変えるとか、後転して起き上がるとか)



あと楽しかった読み合い。

パイのコンボを最後KPK(溜め)で締めて、最後のK(中段ガード不能)を受け身に重ねてくるところ。
他のキャラの場合、Kの部分は避けなければいけないところ、葵は当身を狙える。

最初、私がガンガン当身でKをとっていたら、相手はK~キャンセル~投げをしてきたわけ。
もちろん私は投げを食らったw

連携を割り込む際の当身は、ついつい投げ抜けを仕込み忘れてしまう。
しっかり投げ抜けを入れておくことにしよう。


ちなみにKPKを溜めないで出された場合は上段攻撃なので、もちろん中段当身は潰される。
そのへんは完全に読み合いですな。

・・・て、書いてから気づいたけど、起き攻めでのKPKはタイミング的にKが当たらないねw
起き攻めでは中段当身だけ使えばいいのかw

立会いでKPKを出された時は、KPの後は一瞬しゃがんで、溜めてるのを見たら当身・・・ってやればいいのかな。
そんなの自分はできないと思うけどw

PR

No.11|VF5Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :